自己肯定感攻略ブログ

自己肯定感クエストに挫折した全ての冒険者たちよ、自己肯定感を攻略せよ

自己肯定感を高めるための選択肢は増やすな

f:id:satom_36:20180401162008j:plain

セルフエスティーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーム!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

す!!!ず!!!き!!!

ですッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

自己肯定感クエスト攻略進んでますかーーーーーーーッッッ!!!!!????(元気ですかー!的ノリ)

 

 

自己肯定感を高めるための情報収集は欠かさない。

生き辛さを解消するための勉強をネットや本でいつもしている。

よりよい自分になるために、人一倍努力をしているつもりだ。

でも、現実は思うほど変わっていかない…。

むしろ、何も変わっていない気がして、時々むなしくなる…。

 

↑ が思い当たるあなたは、自己肯定感クエストの罠にハマってます。

 

 

自己肯定感クエストのプレイヤーは、ほぼ100%、心理学を勉強して自己肯定感を上げていこうとします。

 

しかし、実は、熱心に心理学を勉強すればするほど、自己肯定感クエストクリアから遠ざかるという罠が存在するんです。

 

ひどいひどすぎる!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

てなわけで、今回は、その罠の解説と、罠攻略の方法について書いていきたいと思いマッス!

 

 

選択肢を増やすと失敗する罠

 

まず、自己肯定感クエストプレイヤーがほぼ取るであろう行動をたどりながら

熱心に心について勉強すればするほどクリアから遠ざかる罠

について解説していきます。

 

選択肢を増やす

 

”生き辛さを解消するには、自己肯定感を高めるのが大事”と知り、自己肯定感クエストをプレイスタートしたプレイヤー。

 

 

まずは、どうすれば自己肯定感を高めていくか、調べなければいけません。

 

自己肯定感って概念自体よくわからない。まして、具体的にどうしていけばいいかなんて、もっとわからないから、手あたり次第情報を収集します。

 

そして、今日日調べようと思えばどれだけでも調べられる。

 

「どうすれば自己肯定感を高めていけるんだ?」

と調べているうちに、自己肯定感を高めるための選択肢は膨大にたまっていきます。

 

 

どの選択肢が自己肯定感を上げるのに一番効率的なのか?

どの選択肢が自分に一番合っているのか?

 

 

プレイヤーは選択肢をまだまだ増やし続けます。

 

取捨選択

 

さあ、選択肢を増やすのはもういいでしょう。

 

知り合いが言っていた「自分はこうしたらとてもよかった」という体験談。

ネットで見かけた「こうするのがいい」という意見。

本で読んだあの方法。

様々な心理学の理論...

 

選択肢はもう十分集まっています。

 

取捨選択タイムです。

 

 

 

できないんです。

 

 

いや、そもそも取捨選択をしようという発想自体湧いてこない。

 

 

何故なら、選択肢を減らすという事はとても怖い事だから。

 

未知の問題に対処しようとする時、人は不安な訳です。

不安に駆られて、選択肢を増やす。

そして、不安だから選択肢を減らせない。

 

 

選択肢は増えていく一方です。

 

 

膨大な選択肢を抱えて

 

さぁ、では、選択肢は増える一方で減らせない。

膨大な量の選択肢を抱えた時、人はどうするのか。

 

 

なんとなく、一番楽な選択肢を採用します。

 

 

採用ってほど能動的じゃないですね。

 

なんとなーーーーーーーく、一番楽な選択肢に収まる。

 

 

「これなら自己肯定感を高めていける!」という選択肢ではなく、”楽”な選択肢に収まるんです。

 

 

最も低い所に流れていく

 

奇跡的に、集めた選択肢の全部が全部スーパーナイスなやつなら、一番楽な選択に収まっても問題はないですね。

 

しかし、実際には、集めた選択肢ってのはスーパー玉石混交な訳です。

 

その玉石混交の選択肢の、石中の石、キングオブ石、エクストリーム石をなんとなーーーーーーーーーーーく選択してしまう。

 

 

楽な選択肢ってのは、行動しなくていい選択肢ってことです。

 

どれだけ知識(=選択肢)が増えようが、具体的に行動しなければ、当然自分の在り方は変わっていかない。

 

そして、知識を増やすだけでは、行動にはつながらず、知識を増やすことが目的化してしまう訳です。

 

 

選択肢を減らすとは

 

選択肢を減らすというのは、”決断する”ってことですね。

 

 

決断するというのは、決めた選択肢以外を断つってことですから。

 

 

未知の領域で、選択肢を減らすのは怖い。本能的に怖い。

しかし、己が手に入れたいもの(ここでは自己肯定感)は、行動しなければ手に入らない。

そして、選択肢を減らさなければ(=決断しなければ)行動はできない。

なら、選択肢を減らす(決断する)。

 

 

己が欲しいものを手に入れるために、「これだ!」と思う以外の選択肢を断つ。

 

 

決断とは、主体的でないとできないもんなんです。

 

 

そして、この決断する主体性というのは、自己肯定感の大きな柱です。

 

 

自己肯定感クエスト攻略の選択肢をどれか一つ「自分はこれでやる!」と決断することで、主体的な方向へ舵を切ってください。

 

 

安心して自己肯定感クエスト攻略法をしぼれ

 

 

とはいっても、自己肯定感を高めていく選択肢を一つに定めるというのは不安でしょう。

 

今まで聞いたことのない〇〇心理学というのを目にしたら、なにか画期的な攻略法が発見されたのかと期待して、ついまた選択肢を増やしてしまう…。

 

自分がまだ知らない、裏技みたいな攻略法があるんじゃないだろうか…と選択肢を増やすことをやめられない。

 

えーえー分かりますよ。

 

 

心!!!!配!!!!!御無!!!!!!!用!!!!!!!!!!!

 

 

自己肯定感を高めるという事に関していえば、選択肢を1つに絞っても、大して損しないんです。

 

 

何故なら、人間のナイスな状態(つまり自己肯定感がある状態)ってのはバリエーションがないからです。

 

例えば、自分だけしか感じたことのない新しい感情ってないですよね。

それと同じで、自己肯定感がある状態ってのも、そこに至るバリエーションはあっても、その状態自体にバリエーションはない。

 

 

 てことは、色々な心理学の理論や、ちまたのカジュアル心理学、自己啓発、宗教、スピリチュアルに至るまで、目指す状態は同じってことです。*1

 

 

そして、どの選択肢においても、その状態に至るには行動が必要なことに変わりはないんです。

 

どれだけ探しても、楽に自己肯定感を得られる選択肢は見つからない。

 

 

いいですか。

世の中には、自己肯定感を上げるための色々な選択肢がありますが、切り口が違うだけで、目指してる状態はどれも同じで、その状態になるには行動が必要なんです。

 

 

効率がいい悪いの差はあれど、自己肯定感を楽に即上げる画期的な方法!!!!!ってのはこの先どれだけ探してもないんです。

 

 

なら、早くどの選択肢を選ぶのか決断して、自己肯定感を上げるための行動を積み重ねていくのが結局一番早いんです。

 

 

だから、「自分はこの選択肢でやっていく!!」と決めることです。

 

 

 当ブログが勧める行動

 

f:id:satom_36:20180126103613p:plain

ウチとこのブログは、自己肯定感クエストを大きく二つの面に分けて、前半の(-→0)面はとにかくジャッジをやめることに注力しろって言ってます。

 

 

前半やることはジャッジやめる事だけ!

ジャッジを減らして、自己否定/他者否定が減った状態で、自分の軸や他者との連帯感を高めるための行動をしていく。

f:id:satom_36:20180119194742p:plain

私はそれが最短攻略ルートだと思っとります。

 

 

 ↓ 自己肯定感の図を詳しく説明した記事はこちら。読んでない人は読んでくれよな!!!!

suzuki-m.hatenablog.com

 

 

どうなれば前半面クリアか?

後半の(0→+)面でしていく行動とはなにか?

についても今後解説していくんで4649!!!!!!

 

 

【自己肯定感の攻略本】で理想の自分に今からでもなれる!!!!

このブログの内容を大幅にアップデートした【自己肯定感の攻略本】がついに完成!!!!

本物の自己肯定感を育てていくために必要なエッセンスをメメタァ!と凝縮! 自己肯定感を最短距離で攻略して、「理想の自分」で残りの人生を生きていこう!

 

*1:目指す状態の程度の差ってのはあるかもしれませんね。宗教の求道者が目指す状態と「生き辛さを解消して自分の人生を生きたい」って人が目指す状態は、方向は同じですが、程度が違う。