自己肯定感攻略ブログ

自己肯定感クエストに挫折した全ての冒険者たちよ、自己肯定感を攻略せよ

自己肯定感を高めたければ、“許す”ことへの誤解の連鎖から抜け出そう

f:id:satom_36:20180322161441j:plain

はいっ!!!!!セルフエスティーム鈴木ですっ!!!!!!!!!!!!!!!!

リングネームっぽい感じでつけてみたけど、どうかな!!!!!!!!!(どうもこうも)

 

 

前回の記事で“許す”に関しては一回終わりにして、別の話題に移ろうと思ってたんですけどね。

 

もらった感想を読む中で、色々と気付かされたり、見えてきたことがあるので、もうちっとだけ続けることにしたんじゃ。

 

 

前回までは「“許す”ってのは本質的にはこーゆーことなんだ。だから大事なんだ」って話だったんですが、今回はもう少し全体的な、”許す”を取り巻く状況?についての話です。

 

 

 

 

”許す”ことへの誤解

 

 

ネットを見てると、”許す”ということへの誤解を本当によく目にします。

 

 

「許したら、相手のしたことを肯定することになる」

「許したら、相手と同じことをするようになってしまう」

「許したら、自分のことを尊重していない」

「許したら、相手を増長させる」

「許すとは、自分の感情を否定すること」

「許すことなんてなんのメリットもない」

 

他にも挙げきれないくらいあるわけですが、これらの意見は、”許す”ことに対する誤解に基づいてます。

 

 

 

↓ ”許す”とはどういうことなのかについては、過去記事を読んでくれよな!!! 

suzuki-m.hatenablog.com

 

 

私も、“許す”ということがどういうことなのか分かりだしたのはたかだか1年前なんで、“許す”について誤解してる人の気持ちはよっく分かります。

 

 

”許す”ということが、自分の感情や考えを否定して、自分よりも相手のことを優先しなければできないものなら、そりゃ誰もしたくない。

 

 

”許す”ということがそんな自己否定の極みみたいなものなら、

「”許す”ことなんて、百害あって一利なし!!!」

「”許す”ことをすすめてくる奴は敵!!!!」

と思うのも当然のことです。

 

 

本当に、”許す”ということがそんな自己否定の極みみたいなものならね。

 

 

でも、その“許す”ことへの理解は間違っている。

 

 

誤解なんです。

 

 

 

私は、この“許す”ことへの誤解が、自己肯定感クエスト最大の罠だと思っとります。

 

 

”許す”は自己肯定感クエストを攻略する上で必須のスキルです。

 

 

何故か?

 

 

 

それは、

 

自己否定度=他者否定度であり、

 

自己否定/他者否定を減らしていく=自分や他人を許していくこと

 

だからです。

 

 

 

 ↓ 詳しい説明はこの辺を読んでくれよな!!!!!!図解で分かりやすいよ!!!!!!!

suzuki-m.hatenablog.com

suzuki-m.hatenablog.com

 

 

その“許す”ことへの誤解は誰から教わった?

 

さぁ。

 

では、自己肯定感クエスト攻略のかなめスキルである”許す”に対する誤解は、何故生じたのでしょうか?

 

どっから、その間違った“許す”観がインストールされたんでしょうか?

 

 

このブログ読むような人なら、もう既にピンときてるでしょうけど(笑)

 

 

はい。

 

この、間違った“許す”観は、あなたが子供の頃、周りの大人からインストールされたんです。

 

 

あなたが子供の頃、“許す”を誤解した周りの大人から、間違った“許す”観をインストールされたんです。

 

 

大人が子供に“許す”を説く時

 

 

大人が子供に“許す”を説く時、どういう言葉が使われがちでしょうか?

 

 

「相手の気持ちを考えて、許してあげなさい」

「〇〇ちゃんも反省してるんだから、許してあげなさい」

「〇〇ちゃんがかわいそうだから、許してあげなさい」

「悪気はなかったんだから、許してあげなさい」

「お姉ちゃんなんだから、許してあげなさい」

「お兄ちゃんなんだから、許してあげなさい」

「そんなの大したことないんだから、許してあげなさい」

「また買ってあげるから、許してあげなさい」

「あなたも悪かったんだから、許してあげなさい」

 

 

まーーーーなんつーのか、怒った当人の気持ちや意向なんて丸無視な言葉のオンパレードですね。

 

 

当然、これらは“許す”ではありません。

 

 

 

要するに、子供の間で問題が起きてるのを丸く収めたい大人の、テイのいい建前として“許す”は説かれがちな訳です。

 

 

こんな文脈でばかり説かれていたら、子供は“許す”に対してこんな理解をするでしょう。

 

 

「“許す”とは、自分の気持ちを無視することだ」

「“許す”とは、自分がどれだけ辛かろうが、せねばならないものだ」
「“許す”とは、自分より相手の気持ちを優先することだ」

「“許す”とは、自分の感情を否定することだ」

「“許す”とは、相手だけが得をすることだ」

「“許す”とは、人から押し付けられるものだ」

「“許す”とは、自分のわだかまりを無視して仲良くすることだ」

 

当然、すべて誤解です。

 

 

 ”許す”を知る機会がない子供

 

それでも、子供は大人から許されれば、”許す”ということがどういうものか、理解するきっかけにすることができるでしょう。

 

 

大人が子供を”許す”、特に親が子を”許す”とは、とりもなおさず、子供の存在を丸ごと受け止める、ダメな所も含めて丸ごと肯定することです。

 

 

 

 

”許す”ということがネガティブに語られがちなのは、親子関係、いわゆる“毒親”の問題においてでしょう。

 

毒親”の定義は人によって色々だとは思いますけど、ここでは、”子供の自己肯定感を低めてしまう親”と定義するとしましょうよ。

 

 

 

子供の自己肯定感を低めてしまう親というのは、その親自身が、自己肯定感が低い。

 

 

人は、人を自分がいる位置より高くには導けないんです。

 

 

親自身、自己肯定感が低いから、”許す”とはどういうことか分からないし、許せない。

 

 

 

毒親”と呼ばれる親は、子どもを許せないんです。

子供を、ダメなところも含めて受け止められない。

 

 

 

そうすると、その子供は、親から許されたことがないまま、

 

「相手の気持ちを考えて、許してあげなさい」

「〇〇ちゃんも反省してるんだから、許してあげなさい」

「〇〇ちゃんがかわいそうだから、許してあげなさい」

「悪気はなかったんだから、許してあげなさい」

「お姉ちゃんなんだから、許してあげなさい」

「お兄ちゃんなんだから、許してあげなさい」

「そんなの大したことないんだから、許してあげなさい」

「また買ってあげるから、許してあげなさい」

「あなたも悪かったんだから、許してあげなさい」

 

に被弾しまくる訳です。

 

 

 

”許す”とはどういうものかを知らない大人とばかり接した子供は、”許す”とはどういうものか、学習する機会がない。

 

むしろ、誤学習する機会に恵まれまくりなんですね。

 

 

 

”許す”は自己肯定感クエスト攻略の最重要スキルです。

 

その、自己肯定感クエスト攻略に絶対必要なスキルが、最初ッからない。

 

いや、最初からないだけならまだしも、ゲーム開始以前に”スキルを獲得しない”方向に強烈にモチベートされている状態な訳です。

 

 

 

OH!ムリゲーオブムリゲー!!!!!!!!!!

 

 

”許す”ことへの誤解の連鎖から抜け出そう

 

 

親子関係の問題ではよく、“負の連鎖”ってことが言われますけど、”許す”ことへの誤解も確実に連鎖されている。

 

“許す”ことを誤解したまま、自己否定だけなくすってことはできないんです。

 

 

↓ 「何故か?」についてはしつこいようだが過去記事を読んでくれ!!!!  

suzuki-m.hatenablog.com

suzuki-m.hatenablog.com

 

 

 

 

だから、“許す”ことがどういうものか知らない大人から、過去のあなたが学んだ“許す”は捨てて欲しい。

 

“許す”ことへの誤解の連鎖から抜け出して欲しい。

 

「これは、“許す”ではなかったんだ」と気付いて、あらためて“許す”というスキルをゲットして欲しい。

 

 

その先にしか自己否定ダンジョンの出口はないから。

 

 

 

 絶望ではなく希望を見てほしい

 

 

今回の話で「自分は親の“許し”観をインストールされていたんだ。それさえも親の影響だったんだ」っていう所に絶望を感じる人もいるかもしれない。

 

 

でも、

  • ”許す”ということは自己肯定感を高めていくカギとなる
  • そして、自分が今”許す”だと思っているものは、“許す”ではない

ってことを知れたのは、めちゃくちゃラッキーなことだと思いますよ。

 

 

「お前、ラッキーだな!!!!!!!!!!!!!!!!」*1ですよ。

 

 

“許す”ことの大切さをここまでクドクドクドクド説明している人って、自分が知る限りいませんし(笑)いたらゴメン。友だちになろ(笑)

 

 

”許す”ことの大切さを説明するのって、火中の栗を拾うような話なんですよ。

正直、積極的に話したい人はいないと思います。

でも、そこを話さなければ、読んでくれる人にとって価値のある情報にはならない。

 

 

だから、私は書くんです。

 

 

あなたが私を信頼して、自分の“許す”観と向き合って、自己否定を減らし、自己肯定感を高めてくれたら、そんな嬉しいことはない。

 

 

あなたにとって”許す”とは、たッくッさッんッの!嫌な記憶がこびりついた概念だと思います。

向き合うことはしんどいと思う。

 

 

しかし、実りのあるしんどさです。

 

 

健闘を祈る。

GOOD LUCK.

 

 

【自己肯定感の攻略本】で理想の自分に今からでもなれる!!!!

このブログの内容を大幅にアップデートした【自己肯定感の攻略本】がついに完成!!!!

本物の自己肯定感を育てていくために必要なエッセンスをメメタァ!と凝縮! 自己肯定感を最短距離で攻略して、「理想の自分」で残りの人生を生きていこう!