自己肯定感攻略ブログ

自己肯定感クエストに挫折した全ての冒険者たちよ、自己肯定感を攻略せよ

自己肯定感クエストにつかれた全ての冒険者へ

f:id:satom_36:20180109170447j:plain

 ごあいさつ

 

はじめまして。三十六こと鈴木です。

 

自己肯定感クエストしてますか?

どのくらい進んでますか?

 

エストのあまりの難しさに

「自己肯定感って分かるようで、結局の所よくわからない」

「具体的に何をどうすれば自己肯定感が高まるのかわからない」

「自己肯定感を持てない自分はダメな人間だ…」

「正直な所、自己肯定感についてはもう考えるの疲れた」

となってはいませんか?

 

分かります。自己肯定感クエスト難易度鬼ですよね。

 

分かるような分からないようなものを、分かるような分からないような方法でゲットして、未知の状態に変容を遂げろ…

この状況で「よーーーーし!!!!自己肯定感ゲットしちゃうぞーーーーーー!!!!!!」と思える奴はそもそも自己肯定感の低さに悩んでないでしょう。

 

“楽しい”が当たり前の毎日

 

今、私は毎日が楽しいです。

私にとって、“楽しい”が普通の状態です。

“楽しくない”は異常事態です。

 

“しなければならない”ことはなく、“やりたいこと”か、“やること”しかありません。

 

新しい環境にもワクワクしながら飛び込んでいきます。

 

もちろん、人間ですから辛い事や悲しい事はありますが、辛さ・悲しさに入り込んで落ち込みまくる…という事にはなりません。

 

辛い事や悲しい事は当然ある。

でも、それはそれとして他の事で笑ったりしながら、解決方法を見つけ出して、すぐにまた“楽しいのが当たり前の日常”へ戻ることができます。

 

メンタルがスペランカーだった日々

 

じゃあ私がずっとこんな風だったかというと、そんな事はない。

私がこんな風になっていったのはせいぜいこの一年くらいの話です。

 

18歳の頃に精神を病んでから、15年くらいはメンタルがスペランカー(すぐ死ぬ)だったのです。

摂食障害やひきこもりを経験しましたし、働き出してからは職場で過呼吸が出たこともありました。

 

投げやりに生きていたので、車の運転も荒かったし、体のケアも疎かでした。(虫歯とか酷かった)

 

なんかあるたびに、後から「あの時、ああすればよかった。あの人に、こう言ってやればよかった」とエンドレスで考え続ける。

すぐに傷ついていたし、自分を傷つけた(と思っていた)人の不幸を望んだりもしました。

 

要するに、過去の私は自己肯定感激低だったのです。

別にその状態がダメって訳ではないですよ。

ただ、私はその状態を脱したかった。

 

難易度鬼の自己肯定感クエス

 

 とにかく生き辛かった私は、自己肯定感クエストのプレイを始めました。

 

が、まず、自己肯定感からしてよく分からない。

言葉自体は簡単ですよね。自己肯定感。

自己を肯定する感覚。

 

でも、「あー!あの感覚のことね!」とピンとこない。全くこない。

「あー!あの人は自己肯定感が高そう!」という人も思い当たらない。

 

じゃあ、どうやったら高めていけるんだ、ということで調べると、

 

「ありのままの自分を認めましょう」

「どんな自分も責めないようにしましょう」

「自分で全部抱え込まず、適切に人に頼るようにしましょう」

「自分を大切に扱ってあげましょう」

 

これまた、言葉の意味は分かるが、具体的に何をどうしたらいいか分からない。

 

更に、人によって自己肯定感の定義が違う。

 

「自己肯定感があれば、ありのままの自分を認めることができます」

「自己肯定感があれば、どんな自分も否定しません」

「自己肯定感があれば、自分の事を大切に扱えます」

「自己肯定感があれば、適切に人を頼ることができます」

「自己肯定感があれば、自分で自分の機嫌を取ることができます」

*1

 

私は、調べれば調べるほど、自己肯定感が分からなくなっていきました。

 

自己肯定感を高めようとしていたはずの私は、

「自己肯定感が分からない自分はダメだ」

「どうせ自分は自己肯定感なんか持てない」

という自己否定におちいっていました。

 

壁は乗り越えられる人の前にしか現れない

 

 今の私から、当時の私に何か言うとすれば、

「壁は乗り越えられる人の前にしか現れない」

でしょう。

やったー!カッコイイーーー!!!!!!

イチローの名言ですけどね。

 

「自分は自己肯定感が低い」

「自己肯定感を高めよう」

「でも、自己肯定感が分からない…」

 

これは、“自己肯定感の獲得に失敗している”のではないのです。

“自分に足りないものを認識して、自分で目標を立て、目標達成できていない現実を認識している”のです。

 

「自己肯定感が分からない」「自己肯定感が高められない」という壁は、乗り越えられるから出現しているんです。

 

その壁を乗り越えられない人は、そもそも「自己肯定感が低い」という自己認識をしないし、「自己肯定感を高めたい」と思わないし、「自分には自己肯定感が分からない」という事を認められないのです。

 

あなたが自己肯定感クエストをクリアできない理由。

それは、

ヒントがほぼゼロの自己肯定感クエストの難易度が狂ってる。

ただそれだけのことです。

 

自己肯定感攻略法をシェアしたい

 

 今、私は自己肯定感が高いです。

 

 その状態で心から感じる事。

それは、人間、自己肯定感が高い状態がデフォルトということです。

 

人間の心のシステムは、自己肯定感が低くなりやすく高まりにくい、今のような社会の出現を想定していない。

つまり、自己肯定感クエストはバグで発生している。

だから難易度も狂ってる。

 

自己肯定感クエストは人生ゲームの一クエストでしかありません。

それなのに、ゲーム序盤のクエストの難易度が鬼って普通に考えてアホでしょ。

私なんか、意識的にプレイし始めてからクリアするのに15年ですよ。

クレイジー!!!!狂ってる!!!!

 

私はそんなアホな状況を少しでもどうにかしたい。

 

 そして、私は、自分が自己肯定感を得てきたプロセスを体系だてて説明することができます。

自己肯定感を高める実践的な方法を説明できます。

 

じゃあもうシェアしない手はないだろう、と思ったのです。

 

何故、自己肯定感を“攻略”するのか?

 

私が自己肯定感についてのブログを『自己肯定感攻略ブログ』というタイトルにしたのには理由があります。

 

自己肯定感を理解しただけでは、自己肯定感は高まらないからです。

 

例えば、

 

ゲームを買って、行き詰まった。

本やネットで攻略情報を探して、読む。

攻略法を理解する。

 

それでゲームはクリアできますか?

 

攻略法を理解して、そこからあなたがゲームを進めなければ、ゲームはクリアできないのです。

 

攻略法はシェアすることができる。

しかし、あなたの自己肯定感クエストを攻略できるのはあなただけなのです。

 

あなたは自己肯定感クエストを攻略できる

 

私は断言する。

あなたは自己肯定感クエストを攻略できる。

 

根拠はありません。

 

舐めてんのかって感じですか?(笑)

 

では、あなたが根拠をもって「自分にはできる」と考えるとき、その根拠は何からできているのでしょうか。

 

過去の経験です。

 

過去のあの時できたから、自分にはできる。

今できるから、自分にはできる。

 

根拠を探していたら、未経験の目標は達成できないんですよ。

 

人は、今まで経験した事のないことを達成しようとした時、根拠なんて持ち得ないんです。

ただ、「できる」と信じることだけです。

 

根拠を投げ捨てて「できる」と信じた人間が、未知の目標への一歩を踏み出せるのです。

 

そして、私は全ての人が自己肯定感クエストをクリアする事ができると信じている。

 

あなたも信じてください。

全てはそこからです。

 

f:id:satom_36:20180118100156j:plain

 

【自己肯定感の攻略本】で理想の自分に今からでもなれる!!!!

このブログの内容を大幅にアップデートした【自己肯定感の攻略本】がついに完成!!!!

本物の自己肯定感を育てていくために必要なエッセンスをメメタァ!と凝縮! 自己肯定感を最短距離で攻略して、「理想の自分」で残りの人生を生きていこう!

 

*1:結論から言うと、全部“真”です。自己肯定感の定義に、何故こんなバリエーションが生まれるのかは今後書きます。