自己肯定感攻略ブログ

自己肯定感クエストに挫折した全ての冒険者たちよ、自己肯定感を攻略せよ

「毎日つまらない!」人におくる、毎日を生き生きと楽しく過ごすヒケツ【寄稿のおしらせ】

はいどうも、セルフエスティーム鈴木です。

 

お世話になっている髙坂類さんのメディア「しこくらいふ」で記事を書かせてもらいました!

 

東京から愛媛に移住した髙坂さんのトークイベントを紹介する記事なんですけど、髙坂さんの話には毎日を楽しく過ごすためのヒントがめちゃくちゃ沢山あります。

 

“日々の楽しさの度合い”というのは、“自己肯定感の高さ”と比例するので、「自己肯定感には興味あるけど、移住には興味ないよ~」って人も是非読んでくれよな!!!!!!

 

 

生き生きと自分らしく日々を暮らすヒントを髙坂類さんのトークイベントで探る – しこくらいふ

 

ちなみにこのブログとはノリが全然違うけど気にしないでくれ!!!!

ノリに関しては絶賛迷走中だから!!!!!!

図解!自己肯定感が高い状態と、そこへもっていく方法

ドゥオモッッッ!!!!!!!!!セルフエスティーム鈴木ですッッッ!!!!!!!!!!!!!!

 

なんか前々から

 

「「自己肯定感をめちゃ感じてるよなーーーーー!!!!!」って時と「まぁ、別に自己否定はしてませんけどぉーーーーー」って時との違いってなんなんだろーーーーなーーーー」

 

って考えてたんだけど、おとといそれに対する明確な答えをエウレーカしたんよ!!!!!!

しかも、この捉え方なら、自己肯定感について解説している時にどーーーしても発生する、一見互いに矛盾してるっぽい所も全部きれいに説明できちゃうんよ!!!!!!!!

 

いやーもう、興奮して夜寝れんかったよね。 最終的に寝たけど。

 

 

てなわけで、今回の記事は、私の現時点で最高の自己肯定感解説記事なんで、楽しんで読んでくだちい!!!!!!!!!!

長いけど、絶対面白いんで最後まで読んでくだちい!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

図解!自己肯定感が高い状態

 

まずはこれを見てくれ。

f:id:satom_36:20180119194742p:plain

f:id:satom_36:20180126103613p:plain

 

これは

「自己肯定感ってのは複数の要素がくっついた時に感じる感情なんだ!」っていうことを説明した“自己肯定感の概念図”

「自己肯定感の構成要素はこの順番で身に付けていけ!!!!」っていう“自己肯定感クエスト攻略ロードマップ”

だ。

 

↓ 詳しくはここに書いてあるから後で読んでくれ!!!! 

suzuki-m.hatenablog.com

suzuki-m.hatenablog.com

 

 

で、このロードマップ。

f:id:satom_36:20180126103613p:plain

 

自己肯定感を高めるには

  1. まず自己否定を減らす
  2. その上で自分がしたい事をする力をつけていく

っていう順番が大事だぞ!!!!!!!!

ってことを説明してるんだけど、この、

  1. 自己否定しない
  2. 自分のしたいことをする

って、身に付けていく順番だけじゃなくて、自己肯定感が成立するための重要度でもあったんよ!!!!!!!

 

 

つまり、自己肯定感を感じている状態っていうのは、こう。

f:id:satom_36:20180524100117p:plain

自分の中にこの状態を作れれば、自己肯定感を感じるんだ!!!!!

 

簡単に解説すると

  • 下のブロックほど重要度は高い
  • 下のブロックほど全体に占める割合が高い
  • 上のブロックは下のブロックがないと積めない(=下から積んでいく必要がある)
  • 1番上のブロック(スキル)は正直なくてもいい

 

 

これだけじゃよく分からないと思うから、どんどん説明していくよ!

 

 

スキルとは何か?

 

f:id:satom_36:20180524100117p:plain

自己肯定感を感じている人の内面の状態を表したこの図。

“スキル”っていうブロックが一番上に乗っているんだけど、この“スキル”の位置づけ・扱い方がとっても大事なんよ。

 

 

スキル習得の優先順位は低い

 

 例えば、あなたが

“嫌なことにノーと言えない”

としましょうよ。

 

 

あなたは

「嫌なことにノーと言えないのは自己肯定感が低いからだ」

と思いました。

 

そして、あなたは

「嫌なことにノーと言えるようになれば自己肯定感は高まる」

と思いました。

 

あなたは、アサーティブネスとか、色々な本を読んで、嫌なことにノーと言えるようになろうとします…。

 

 

でも、“嫌なことにノーと言える”ってのは、 スキル なんよ。

 

 

そして、 スキル は自己肯定感における重要度は高くない。

 

高くないというか、あってもいいけどなくてもいいレベル。

 

つまり、個別的なスキルアップを頑張っても、自己肯定感は上がっていかない。

 

 

“嫌なことにノーと言う”を頑張っても、自己肯定感は上がっていかないんよ。

 

 

そもそも、下の基礎が整っていないとスキルは習得できない

 

自己肯定感をあげよう!と思った時、大抵の人はスキルを上げようとする。

もちろん私もあげようとした(笑)

 

 

でも、スキル上げを頑張っても、自己肯定感は上がっていかない。

 

 

何故か?

 

 

そもそも、“嫌なことにノーという”ためには、したい・したくない=自分はどうしたいのか? を知ってる必要がある。

 

「これは嫌だ!!!!」っていう自分の気持ちを否定せず、明確に気付いていなければ

「ノー」とは言えんのよ。

 

すんごい当たり前のこと言ってるけど(笑)

 

 

で。

 

 

自分はどうしたいのか? を知るためには自己否定をなくしておく必要がある。

 

 

自己否定をしている状態っていうのは、自分の素直な気持ちを “いい”・“悪い” で裁くのに必死で、自分の気持ちと繋がってないんよ。

 

自己否定している時ってのは、自分の気持ちと思考が対立してる。

 

思考がオニ教官。

 

そんな状態で気持ちが「これは嫌だ!!!!!」と感じたとしても、即座にオニ教官(思考)が飛んできて

「これが嫌なのはただのわがままだ!!!!!!」

「他の人は我慢してやってるだろう!!!!!!」

「この間は我慢したのに今回我慢しないなんておかしいだろう!!!!!」

「これを嫌と感じるお前は人としてどうなんだ!!!!!!」

とか、ボロクソ言ってくる(笑)

 

 

こんな状態で「ノー」が言えないのは当たり前なんよ。

 

 

つまりね、

自己否定をしていたら、自分のしたい・したくない に気付けないし、

自分のしたい・したくない に気付いてなかったら、「ノー(したくないです)」は言えない

のよ。

f:id:satom_36:20180524100121p:plain

下の

“自己否定しない”

“自分のしたい・したくない を知ってる”

のブロックが積めてないのに、

“スキル”

のブロックを積もうとしても、積みようがないの。

 

 

むしろ、

「色々やったけど、結局ノーが言えないままだ...。やっぱり自分はダメなんだ...」

って、一番下のブロックを更に削る結果に繋がったりする。

 

 

 

「“嫌なことにノーと言う”スキルを持っている人は自己肯定感が高く、“嫌なことにノーと言う”スキルを持っていない人は自己肯定感が低い」

は確かにそうよ。その通りよ。

 

でも、

「“嫌なことにノーと言う”スキルを積み上げていけば自己肯定感が高まる」

はそうじゃないんよ。

 

 

 

とにかく、ブロックは下から積んでいけ、なんよ。

 

 

自己肯定感とは大きな枠ぐみのこと

 

f:id:satom_36:20180524100117p:plain

 

下のブロックを積んでなかったら、スキルのブロックが積めないのは分かった。

 

 

でも、

スキルは自己肯定感における重要度は高くなく、あってもなくてもいい。

っていうのは、どういうことか?

 

 

うん。

 

 

あるところに

「嫌だなーーー…」

と思ったけど、ノーと言わなかった人が2人いた、

としましょうよ。

 

 

1人は、 

「本当は嫌なのにまたノーと言わずにヘラヘラ引き受けてしまった。本当にこんな自分が嫌になる。自分の気持ちより相手の気持ちを優先してしまうのは自己肯定感が低いからだ。ノーと言えるようにならないと。いや、そもそもこれに対して嫌と思うこと自体が…(以下略)」

と思いました。

 

1人は、

「相手の気持ちを思いやって引き受けた。本音では嫌だったけど、自分は人に対してノーと言うことに慣れてないんだから、ノーと言わないって選択も、それはそれで自分の気持ちを尊重してる事になるさ。まぁ、追い追いノーと言う練習をしていこう」

と思いました。

 

...。

 

......。

 

.........。

 

 

分かるかな?

嫌だけどノーと言わなかった から 自己肯定感が低い って訳じゃないんよ。

 

 

嫌だからノーと言う自己肯定感が高い人 もいるし、

嫌だけどノーと言わない自己肯定感が高い人 もいるんよ。

 

 

嫌だけどノーと言わなかった。

ネガティブな考えが浮かぶ。

前向きじゃない。

...

自己肯定感は、↑こういうことのあるなしで決まるんではないんよ。

自己肯定感が高くても、こういう状態になるときはあるしね。

 

 

嫌だけどノーと言わなかった。

ネガティブな考えが浮かぶ。

前向きじゃない。

...

自己肯定感とは、↑こういうことを自分の中でどう扱うか?っていう、もっと大きい枠組みの話なんよ。

 

 

そして、その枠組みの根幹となるのが

“自己否定しない”

なんよ。

 

 

f:id:satom_36:20180524100117p:plain

さーこれでこの図が表していることがだいたい分かったかな?

 

 

こっからまだあるんよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!(笑)

しかも、こっからがめちゃめちゃ大事なんよ!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

他人に対する姿勢

 

最初に

自分の中が ↓この図 の状態の時、自己肯定感を感じる。

って書いたんだけど、実はそれだけじゃ足りんのよ。

もう一つ、自己肯定感を感じる状態を説明した大切な図がある。

 

f:id:satom_36:20180524100117p:plain

 

 

 

それは…

 

 

 

 

これだッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!

バーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

f:id:satom_36:20180524100123p:plain

 

………( ^ω^)…同じでは…?

 

 

いやいやいやヨク見テーーーー字がチョト違ウヨーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!

 

うん(笑)

これは、“自己肯定感を感じている時の他人に対する姿勢”を表した図なんよ。

 

 

自分にだけこの姿勢でいても自己肯定感は感じられなくて、自分にも他人にもこの姿勢でいて初めて自己肯定感は感じられるのよ!!!!!!!!

 

自分の内面にこの2つの状態がを保てている時、ジンワ〜〜〜〜〜〜スゥゥゥン…と、何かがみなぎる感覚があるんよ(笑)

 

 

 

自己否定はしていないがセルフエスティームじゃない鈴木

 

 

自分に対しても、 他人に対しても、

  1. 否定しない(自分を責めない・理解する・受容する・ありのままを受け入れる…いろんな表現がある)
  2. したい・したくない を知っている / して欲しい・して欲しくない を伝える
  3. 自分や他人を大切に扱うためのスキル

の要素をこの順番で大事にできてる時に、自己肯定感を感じる。

 

 

で、 

 

 

自分にだけこの状態でいても自己肯定感を感じない!っていう好例が、この間までの私だッッッ!!!!!!!

ってことで、

自己否定はしていないがセルフエスティームじゃない鈴木さん

を紹介するね(笑)

 

  

私はこのブログを始めて

「今辛い人に自己肯定感クエストをクリアしてほしい!」

「どうやったら分かりやすく伝えられるのか!?」

「どうやったら効果を出してもらえるのか!?」

「どうやったら変わってもらえるのか!?」

と思いすぎた結果、他者に対するバランスが ↓ こうなって、自己肯定感クエストに舞い戻ってたんよ(笑)

f:id:satom_36:20180524100126p:plain

         // グラグラ… \

 

 

  1. 否定しない
  2. して欲しい・して欲しくない
  3. スキル

  1. して欲しい・して欲しくない
  2. スキル
  3. 否定しない

になってたわけだ。

 

 

「自己肯定感が低い自分はダメだから自己肯定感を高めよう」って考えるとしんどいんだよーってことを書きながら、自分がいつの間にか「自己肯定感が低いあなたはダメだから自己肯定感を高めよう(今の相手の否定)」って意識になっとったんよ!!!!!!!!!ゴメンヌェ!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

で、面白いことに、そうやって他人のあり方を否定してると(今回の私みたいに結果として否定してるってこともある←なかなか気づけない)、自分自身がどんどんネガティブになってくんよこれがーーー。

 

 

逆に、なんか落ち込んでる人に、その人が自己嫌悪してる正にその部分をポジティブな方向から捉えて伝えるってことをすると、なんか胸の辺りからウワァァァァァーーーーーーーーーーーー!!!!!、!!!って幸福感が広がっていくんよこれがーーーーー(笑)

「いや、おめぇに言ってねぇよ」ってくらい、自分が喜んで感動してるのが分かる(笑)

 

 

つまりね、人間は、自分のことも、他人のことも、同じように大切に扱うと、深い幸せ(自己肯定感)を感じるようにできてるってことなんよ。

 

大切に扱う=否定せずに理解すること と言っていい。

 

 

 ↓ 理解することに関しては前回の記事が分かりやすいぞ!!

suzuki-m.hatenablog.com

 

 

 

だからさ、このブログで私がすることは、自己否定してる人の自己否定を凌駕するレベルで「ナイス!!!いいねー!!!!!!素敵だねーーー!!!!!」と伝える。

その上で「今でももちろん素敵だけど、気が向いたら試しにこれしてみたら楽しくなるかもよワーーーーーーオ!!!!!!!!」と、攻略法も見せていく、なんよね。

本当、見失ってたわ(笑)

ゴメンヌェ!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

まとめ

 

まとめよう。

 

 

自己肯定感ってのは、自分の中に ↓ この二つの状態を作ること。

 

■ 対・自分 ■

f:id:satom_36:20180524100117p:plain

■ 対・他人 ■

f:id:satom_36:20180524100123p:plain

図にしたら、これだけのことなんよ。

 

いや、まぁ、これだけのことがめちゃめちゃ難しいんやけどね(笑)

 

 

 

私がブログに書いている“自己肯定感クエスト攻略法”っていうのは、すべて、この状態を目指すためのもの。

 

 

  •  自己否定しない
  • したい・したくない を知る

以外のことは全て“自分や他人を大切に扱うためのスキル”だから、後回しでいい。

 

 

スキル習得=自己肯定感向上 と勘違いしてしまいがちだけど、スキルは自己肯定感の要素としてはあってもなくてもいいものだから、焦らずに下のブロックから積んでいこう。

 

 

 

ちなみに...

 

  •  自己否定しない
  • したい・したくない を知る

が身についたら、必ず

「このスキル欲しいなー」

と感じる時が来る。

 

「この人とよりよく付き合うために、「ノー」も言えるようになりたい」

って時がかならずくるんよ。

 

個別的なスキルはその都度、ゲットしていけばいい。

 

下二段が積めてる状態だと、驚くほどスキル習得は早いから。

 

 

 

おしまい

 

今回の記事は、分けずに書いた方がいいだろうという事で一本にまとめたけど、相当詰め込んでるから、是非何回も読み返してみてね!!!!!!!

 

 

「なるほど!!!!」「面白い!!!!」「あの人にも教えてあげたい!!!」って思ったら、FacebookTwitterでシェアしてくれると嬉しいよ!!!!!

シェアしてくれたり感想をくれている人、いつもありがとう!!!!嬉しいよ!!!!!!

 

 

質問や感想や、なんかあれば、ブログのコメントやTwitterのDMからお気軽に~!

質問くだちい!!!!!!

↑ フォローしてなくてもDMできるよ!

 

 

じゃまた!!!

受容する=理解する ということ

どうもっ!!セルフエスティーム鈴木です!!!

 

また質問をもらったよ!!!

質問に答えるの楽しいから嬉しいよ!

ありがとうね!!!!

 

f:id:satom_36:20180524100924j:image

f:id:satom_36:20180524101044j:image

f:id:satom_36:20180524101103j:image

f:id:satom_36:20180524101113j:image

f:id:satom_36:20180524101124j:image

f:id:satom_36:20180524101130j:image

f:id:satom_36:20180524101144j:image

f:id:satom_36:20180524101150j:image

 

理解するということ

 

自分や他人を受容するということは、自分や他人を理解するということなんだ。

 

 

人がある言動、ある選択をするのには、絶対に何か合理的な理由がある。

 

やむにやまれぬ理由があると言っていい。

 

 

 

誰がどう考えても

「それやったら人から嫌われるでしょ」

ってことをする人にも、それをやるやむにやまれぬ理由が何かしら絶対にある訳だ。

 

好き好んで人から嫌われるようなことをする人はいないからね。

 

 

相手の人生ムービーを見れたら、そのやむにやまれぬ理由もよーーーーーくわかると思うんだけど、人生ムービーは見れないから

「詳しくは分からんけど、なんかしら理由があってこんなことをしてるんだな!」

と、結論だけで納得する!!!!!!

 

「子供の頃なんか色々辛かったんだな!!!」と思っときゃだいたい合ってる!!!!!

 

 

あのクソみたいな上司も

鬱陶しい同僚も

みんな昔子供だってねーーーーー!!!!!!♪♪♪

 

 

その人の、やむにやまれぬ理由、事情に思いをはせること

他者受容・他者理解

だよ。

 

 

で、これ大事なんだけど、

相手の事情に思いをはせて

「この人にも色々な事情があったんだ…だから、自分はこの人の嫌な言動を受け止めなければ…」

ってなる必要はないからね(笑)

 

 

相手を受容することと、相手の考え・言動を受け入れることは違う。

相手を理解することと、相手に賛同することは違う。

 

 

「あなたがそうしてしまうのは、あなたにとってもっともなんだと思うけど、そういうことをされると私は困っちゃう」

っていうスタンス。

敵対はしてないけど、嫌なもんは嫌。

 

 

そんな感じ!

 

 

自分の事情にも思いをはせよう

 

この記事を書いている時に、DMがきたよ!!!!

 

f:id:satom_36:20180524105609j:image

f:id:satom_36:20180524105614j:image

f:id:satom_36:20180524105619j:image

いやーーーーーーーーーーー。

素晴らしい!!!!!!!!!!!!

ナイスエウレーカ。

 

 

私はこの

「あっっっわかった!!!!、!」

ってつながる瞬間のことをエウレーカって呼んでるんだけど、このエウレーカを重ねていった先に、自己肯定感クエストのクリアがあるから、

「あっっっわかった!!!!、!」

ってなったら、

「クエスト進んだーーー!!!!!!」

って思ってね!

 

 

おしまい

 

質問に答えるのとっても楽しいから、質問くれると嬉しいよ!

 

前回、今回の質問がいい質問だから、気が引けるかもしれないけど(笑)、どんな質問でもいいから気軽にしてみてねー!

 

ブログのコメント欄でもTwitterのDMでもお好きな方で! 

セルフエスティーム鈴木 (@suzuki_36) on Twitter

 

今回の記事が「なるほど!」「面白い!」ってなったら、FacebookTwitterでシェアしてくれると鈴木が喜びます。

いつも、シェアしたり、感想くれたりしてる人、どうもありがとう。

とても喜んでいます。

 

じゃまた!!!!!!

自分から認められる前に人から認められたい

どうも~~~~~~~。セルフエスティーム鈴木ですよ~~~~~~~~~~~。

 

こんなコメントをもらったよ!!!!!

どうもありがとう!!!!!!

 

f:id:satom_36:20180520111159j:image

f:id:satom_36:20180520111204j:image

 

 

セルフエスティーーーーーーーーーーーーーーーーム!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

f:id:satom_36:20180520111210j:image

f:id:satom_36:20180520111137j:image

 

 

 

欲しかったんと違う

 

もうすでに

褒められてるし

認められてるし

受け入れられてる。 

 

 

でも、その中にninaさんが欲しかった

“褒められる”

“認められる”

“受け入れられる”

はなかったんだと思う。

 

 

だから、

「それが欲しかった!!!欲しい!!!!!!」

という気持ちもよーーーーーーーーーーーく分かる。

よーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーく分かる(笑)

 

 

でも、人からの

褒められ方

認められ方

受け入れられ方

もっと言うと

愛され方

って指定できない。

 

 

愛ってさぁ、なんか

もらって嬉しいもの!!!!!

って感じがするよね。

 

相手の言動が愛由来だったら自分にとって最善なはず!!!!!

って感じがあるやん。

 

愛さえあれば間違わない!!!!!!!

みたいなさぁ。

 

 

 

でも、現実には 

「そんなもんが愛な訳あるか!!!!!!!!いらんわ!!!!!!!!!!!!!!!」

とか、そういうのが愛ってことも起こったりする訳よ(笑)

 

 

 

相手に自分への愛があること

と、

相手が自分が最善と感じる言動・選択をすること

は別なんよ...。

 

 

そんな形の褒める、

そんな形の認める、

そんな形の受け入れる、

そんな形の愛、

いらんわ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

って思うような

褒める

認める

受け入れる

愛。

 

 

やだねー(笑)

 

 

やだけど、でもそれも

褒める

認める

受け入れる

なんよ。

 

 

今のその人にとって、それが精いっぱいなんよ。

 

 

 で。

そういうウゼェ感じの(笑)

褒める

認める

受け入れる

「ありがとう(形式はともかく(笑))」

ってなって、相手にそれを伝えた上で

「でも、こういう風にやってくれたら自分はすごい嬉しいんだよね」

って、自分の好みを伝えられたら、少しずつ、欲しかったヤツも手に入るようになっていくから。

 

 

 

だから、まず、

自分以外の人間にならなくても、自分は褒められてるし認められてるし受け入れられてるし愛されてる

んだってことを「そうなのかも?」ってちょっと思ってみて(笑)

 

思えなくてもいいから(笑)(どっちや)

 

 

 

 

 

そんな訳で、なんか聞きたいことがあったら、ブログのコメント欄やTwitterのDMから聞いてくれ!!!!!!!!!!

多分、フォローしてなくてもDMできるようになってるから!!!!!!多分!!!!!!!

 

 

今回も最後まで読んでくれてありがとう!!!!!!

「なるほどー」と思ったらTwitterFacebookでシェアしてくれるととっても喜ぶよ!!!!!!

 

じゃまた!!!!!!!!!

自己肯定感クエストの大前提

どうもお久しぶり!!

 

しばらーくブログ書かなかったんだけど、その間色々考えてた。

 

「ブログ書いててなーーーーーーーんか違うんだよなぁ…何が違うんだろう…」

と。

 

 

で、分かった。

 

 

私は、自己肯定感クエストの攻略法を書くことに一生懸命になりすぎて、大前提を忘れてた。

 

 

自己肯定感クエストの大前提…それは、

クリアしてもしなくてもいい。

 

 

そうなんだよ。

クリアしてもしなくてもいいゲームなのに、クリアするための攻略法ばっかり解説して

「ホラッ!!、ホラッ!!!クリアしよ!!!!!!」

ってやってるからなんか違う感じがしてたんだよ。

 

 

自己肯定感クエスト、自由度の高いゲームなんですよ。

最初の村でのんびりしててもいいし、クリアに向けて進んでいってもいい。

 

 

「攻略法はこれだ!!!!さぁ、クリアしようぜ!!!!!!!!」

って、ちょっと違ってたなー、と。

 

 

 

考えてみれば、自分がネガティブになってる時、何をしてるかと言えば、

  1. ネガティブな自分を外から見て
  2. そんな自分を否定しない

なんだよね。

 

 

「このネガティブから抜け出そう〜〜!!!!( ‘ᾥ’ )( ‘ᾥ’ )( ‘ᾥ’ )」

と思うと、それはネガティブな自分を否定してるから、ネガティブが長引く。

 

「考え方がネガティブになってるなー('ω'  )」

と、ネガティブな自分を眺めつつ、色々手を抜きながら、ネガティブが終わるのを待つ。

責めない。頑張らない。

結局これが1番早い。

 

 

 

で。

これ、“自己肯定感を上げる”に関しても同じで、

  1. 自己肯定感が低い自分を否定しない
  2. その上で、気分がいい時、なんか楽しい気分の時に攻略法を試しにやってみる

なんよね。

 

 

攻略法は攻略法で大事。

でも、攻略法ばっかり紹介してたら

  1. 自己肯定感を低い自分を否定して自己肯定感を高めようとする
  2. 常に攻略に取り組む
  3. 結果が出ないからまた自分を否定する
  4. ……

ってなるよなー!と今回気付いた。

 

 

攻略法は、いい気分の時に

「あっ、今日アレ試してみよう!それでなんか気付いたりしたらラッキーだな!」

くらいのノリでやる方が上手くいくんよね。

 

 

「なんかこの間アレ試したら妙に一日楽しかったな〜。今日もまたやってみよう」

と、少しずつそういう時間が増えていく。

 

 

それでいいんだよ。

いや、それいいんだ。

 

 

という訳で、これからは攻略法だけではなくて、「今の自分でいい!!!!!!」と思えるような捉え方・考え方も書いていくのでお楽しみに〜!

ネガティブ=ダメではない!ネガティブってどういうこと?

f:id:satom_36:20180501094729j:plain

コニチワーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!セルフエスティーム鈴木です!!!!!!!!!!!!!!

 

ブログの更新がしばらくあいちゃって寂しい思いをさせちゃったね!

えっ?してない?

寂しいィィィィ!!!!!!!!まぁいいわ(笑)

 

 

なんでブログ書いてなかったかっていうと、体調とかショッキングな出来事とか無理とか、色々なことが重なって、ネガティブになってたんよね。

NOTセルフエスティーム鈴木ですわ(笑)

 

 

「あっこれこれー!!!!!!!なつかしーーーーー!!!!!!!!!」

とネガティブな感覚を思いっきり味わった所で、今回は

ネガティブ = 悪 とジャッジしない考え方

について書いていくよ!!!!!

 

 

ネガティブとは?ポジティブとは?

 

まず、大前提として、

 

ネガティブにもメリットがある。

 

 

ネガティブな状態=ネガティブのメリットを取っている状態

な訳ですね~。

 

 

 

じゃあ、ネガティブのメリットって何?って言うと、

これ以上傷つかない

なんだね。

 

 

そもそも、

ポジティブ=オフェンスモード

ネガティブ=ディフェンスモード

であって、これらは別に人格と全く関係ない。

 

 

今そういうモードってだけ。

 

 

そして、誰でも、条件がそろえばモード発動する。

 

 

ポジティブ・オフェンスモードが発動する条件がそろえばポジティブだし

ネガティブ・ディフェンスモードが発動する条件がそろえばネガティブ。

 

 

オフェンスとディフェンス

 

じゃあ、オフェンスとディフェンスってどういうことか?

 

 

ポジティブ=オフェンスモードは、行動する。

行動するっていうのは、未知の領域を切り拓いていくっていう事でもある。

その未知の領域に対してワクワクする!!!!楽しそう!!!!!やってみたい!!!!!!!

だから行動する。

楽しんでるから、未知の領域で起きるアクシデントやトラブルっていうのはさして気にならない。

 

 

ネガティブ=ディフェンスモードは、留まる。

現状維持命。

あと一撃でも食らったら死ぬ!!!!!!って状況なんで、未知の領域で起こるアクシデントやトラブルなんて絶対無理無理無理無理無理無理…

未知の領域とか、不安でしかない。行く意味わからない。

そんな怖い所行くくらいなら、今の状況を我慢した方がマシ。

 

 

ってことですね~。

 

 

ネガティブ=ディフェンスモードが発動する時

 

ネガティブ=ディフェンスモードはどんな時に発動するのか?

 

それは、ヤバい時です。

 

 

体がヤバい。

病気とか

疲れとか

痛みとか

暑いとか

寒いとか

腹減ったとか…

体が不快でヤバい時。

 

心がヤバい。

なにかを我慢してて心がヤバい時。

 

心身共にヤバい。

 

 

こういう時に「ヨッシャ!!!!!!!!やりたいことがモリモリ湧いてきやがった俺はやるぜ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」とはなりません。

 

体だったり心だったりがヤバい時に人はネガティブ=ディフェンスモードになるわけです。

 

 

何故なら、

ヤバい時に行動するともっとヤバくなるから。

 

 

 

ヤバい時ってのは、ヤバい訳です。

ヤバいヤバいヤバいヤバいヤバい…とにかくヤバい!!!!!!!!!!!!

早い所、HPなりMPなりを回復させないとヤバい。

そんなヤバい時にレベル上げしたらもっとヤバくなる。

ゲームすすめようとしたらもっとヤバくなる。

 

 

ネガティブは教えてくれてる訳です。

 

 

ヤバいぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!

と。

 

 

絶!対!に!ガンガン行くなよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

と。

 

 

ネガティブな時にポジティブになろうとするな

 

ネガティブ=ディフェンスモードの状態で、

「あーーーーーーーこのネガティブをどうにかしなければーーーーーーーーー」

って思っても、ますますネガティブが極まっていく。

 

 

思考はモードの影響下にある。

 

 

ネガティブ=ディフェンスモードの時に

「ネガティブでもまぁいっか!!(ポジティブ)」

とは絶対にならない。

 

 

じゃあ、どうするのか。

 

 

HP・MPがヤバいからネガティブモード発動してるんだったよね...。(小声ヒント)

 

 

どうするのか。

 

 

「こんなモードはダメだ!!!!!!!オフ!!!!!!!!!オフ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

とやるんじゃなくて...

 

 

そう!!!!!!!

HP・MPの回復だね!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

ネガティブは、

「もっと自分に気をかけて!!!!!!」

と教えてくれてる訳だから、自分に気をかけてあげる。

 

 

自分に気をかけるって、

  1. 我慢してることをやめて
  2. 無駄なことをして無駄な時間を過ごす

ってことだよ。

 

 

自分がしたいこと、自分が楽しい事って、

究極、やってもやらなくてもいいこと

なんだよ。

 

 

お金や時間の 効率 を考えたら、真っ先に切り捨てるところ。

 

 

それが自分がしたい事・楽しい事なんだ。

 

 

その、やってもやらなくてもいい、効率を考えたら無駄でしかないことに、お金や時間を使う。

 

 

そうすると、HP・MPは回復していくよ。

 

(自己肯定感と、お金・時間の関係は深いから、今後書いていくので乞うご期待!!!!!!!)

 

 

おしまい

 

てなわけでワイちゃんもまだまだHP・MP回復中さ~。

 

「自分もネガティブモード発動してるわ!」

「てか生まれてこの方ネガティブモードだわ」

って人も一緒にHP・MP回復しようぜ~。

 

「これやったらHP・MPめっちゃ回復する!!!」

ってのがあったらコメントで教えてね~!

 

 

今回もFacebookTwitterでシェアしてくれるととっても嬉しいよ!

 

じゃまたね~!

変化につながるもう一つの感情 ー人生を切り拓けー

f:id:satom_36:20180424094333j:plain

どもーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッッッ!!!!!!!!!!セルフエスティーーーーーーーーーーーーーーーーム!!!!!!!!す!!!!!!ず!!!!!!!!き!!!!!!!!!ですッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 前回までありのまま三部作を書いてきたよ!

suzuki-m.hatenablog.com

suzuki-m.hatenablog.com

suzuki-m.hatenablog.com

 

で、前回の記事の最後で「変化につながるもう一つの感情がある」ってことを言っていた訳だ。

 

今回は、

変化につながるもう一つの感情とは何か?

何故その感情は変化につながるのか?

について書いていくよー!!!

 

 

 

おさらい

 

さー!まずおさらいからいってみよー!

 

 

変化とか、成長とか、違う自分になるとか…

そういうのは、具体的な行動の積み重ねの結果として生まれる。

 

「楽しい!」から具体的な行動を積み重ねてたら、結果として変化がついてくる。

 

今してることを楽しんでたら結果として変化してる、成長してる、違う自分になってる。

 

「こんな自分じゃダメだから、〇〇な自分になりたい」と自己否定発で変化しようとしても変化しない。

したとしてもすさまじい努力根性苦痛の連続。

 

 

つまり、

 

「楽しい!」からやる = 過程 = メイン

変化 = 結果 = オマケ

 

ってことです。

 

 

変化は、自己否定からではなく「楽しい!」から生まれる。*1

だから、自分の感情に正直に、やりたいことをやろう!

自分の感情に正直にやりたいことをやるためにはジャッジをやめよう!

 

って話でした。

 

 

 

変化につながるもう一つの感情

 

じゃあ、変化につながるもう一つの感情ってなんだ!?

 

 

それは、絶望です。

 

 

絶望って言っても、「なんかうまくいかないから落ち込んだ…どうせ自分なんて…」みたいな“絶望”ではないよ(笑)

 

ここでいう絶望は

「あっ、今の自分じゃダメだ」

っていう絶望ね。

 

 

人間、今の状態がどんだけしんどくても、根っこの所では

変わるのが怖い

んです。

 

「この状態をどうにかしたい!!!!!!」って言ってるし、本気でそう思ってるつもりだけど、

変わるのが怖い。

 

 

 

変わるのが怖いから「変わらずになんとかなんないかなー」ってやる。

 

 

「自己肯定感が低くて〇〇なのが嫌だから、自己肯定感を高めたい」

と、自己肯定感クエストに参戦するけど、

最初の村でグルグルしてる。

 

 

知識を集めて、理解するけど、変わらない。

 

 

↓ “理解することと、そうなることは別”って話や、知識を集め続けても変わらないことはこの辺に書いてるから、読んでない人は読んでくれよな!

suzuki-m.hatenablog.com
suzuki-m.hatenablog.com

 

 

鈴木の絶望

 

私は、自分の親を憎んで恨んで呪ってたんで、

「自分は親とは違う!!!!」

ってことを自分の子育てで証明しようとしてたんですねぇ。

 

 

“理想の子育て”をして

「ほーら!!!!自分の方が正しかった!!!!!ざまぁ(笑)(笑)(笑)」

って、親に復讐してやろうと思っていた(笑)

 

“私をあんな風に育てておきながら、そのことが嫌だったと伝えても(伝え方に難ありだったけど(笑))逆ギレしかしない親”を、見返してやりたかった。

 

子育てを、自分が正しいことの証明に使おうとしていた。

 

 

 

知識を集めて、必死に理解した。(理解して変わらないパターン(笑))

 

 

“理想の母親”になろうと、努力した。

 

 

子供に“理想的でない対応”をするたびに「結局、私はあの家に生まれた時点で終わりだったんだ」と“絶望”した。

 

 

2人目の子どもが生まれて、上の子が色々寂しい思いをしている時期に、私が上の子にものすごく冷たい言い方で注意をしたら、上の子が泣き叫び始めた。

 

 

私に吠え掛かるように泣き叫ぶ息子。

「寂しいんだから抱きしめてやれ」と横で言う夫。

「夫の言う通り、息子は寂しさが爆発したからこうやって私に怒鳴ってるんだろう」と頭で考えてる私。

 

 

でも、私は息子を抱きしめることができなかった。

息子の私に対する愛を信じられなかった。

「抱きしめて、拒否されたら…?」と思ったら体が動かなかった。

 

 

そして、そんな自分に絶望した。

 

 

「今の自分ではダメだ」

「変わるためならなんでもする」

と思った。

 

 観念した。

 

 

そして、親を許した。

 

 

親を許して、変わった。

 

 

↓ なんで変わるかっていったら一撃で価値観が塗り替わるからだよ!詳しくはこの記事を読んでくれ!!

suzuki-m.hatenablog.com

 

 

〇〇以外ならなんでもやる

 

いやね、絶望前の鈴木も、

「自分が変わるためならなんでもやる」

って思ってた訳です。

 

 

本気で変わりたいと思ってるつもりだった。

 

 

でもその本気って

「自分が変わるためならなんでもやる(※ただし親を許すは除く)」

だった(笑)

 

 

なんでもじゃないやん(笑)

 

 

何か、問題がある時ってのは、こうなんだよ。

「この問題を解決するためならなんでもやる。〇〇以外は

と思ってる。

 

 

そして、その〇〇ができないからこそ、その問題は起こってる。

〇〇できる人なら、その問題は起こってない。

 

 

残酷だね。

でも、そこに活路があるという事でもある。

 

 

本気ってのは、

「この問題を解決するためならなんでもやる。〇〇以外は

じゃなく

「この問題を解決するためなら〇〇だってやる」

ですよ。

 

 

〇〇が何かは問題によって違うけどね。

 

 

「〇〇をしたら、変わらざるを得ない」

「今の自分では〇〇はできない」

「〇〇だけは絶対にしたくない」

 

そうだね。分かるよ。

 

 

でも、選択肢は二つに一つ。

  1. 〇〇をしてこの問題を解決する
  2. 〇〇をしないでこの問題を解決しない

 

どちらの選択肢にも、メリットもデメリットもある。

 

 

決断するっていうのは、

「自分はどっちのメリットが欲しいのか?」

「そのメリットのためならデメリットは飲む!!!!!!!!!」

ってことです。

 

 

でも、どちらのデメリットも飲みたくないから、人は第三の選択肢を探し始める。

“〇〇しないでこの問題を解決する方法”

を探し始める。

 

そんな選択肢を探して、知識を集める。

 

 

 

絶望ってのは、そういう流れをぶち壊す破壊力がある訳です。

 

 

「もはや万策尽きた」

「今のままの自分じゃこれ以上打つ手はない」

「今のままの自分じゃこの問題は解決できない」

「この問題を終わらせるためなら〇〇だってする」

「というか、〇〇するしかないことはどこかで分かっていた」

「もう、問題に向き合ってるフリは嫌だ」

 

これが絶望です。

 

 

人生を切り拓け

 

とはいえ、絶望ってのは起こそうと思って起こせるもんではない。

 

ガーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!となるような出来事が起こるのを待ってても、起こるかどうかわからない(笑)

 

 

でもね、絶望しなくても、同じことはできるわけです。

 

 

今、何か問題が起こっている。

そして、その問題を解決するために、努力している。

でも、問題は解決しない。

 

なら、

「この問題を解決するならなんでもやる(※ただし〇〇は除く)」

な状態な訳です。

 

じゃあ、自分にとってその〇〇は何か?

 

勇気を出して、向き合いたくないものを、目をそらさず見据えるんです。

 

そして、やるんです、それを。

活路は そこ です。

問題に向き合ってるフリをしてグルグルしているサイクルを、ぶち壊して、切り拓くんです。

それができるのは、あなただけです。

 

 

「それだけはやりたくない!!!!!!!!!!!」

 

そうだろうね。分かるよ。

 

じゃあ、

  • なぜ自分はそれをやりたくないのか?
  • それをやったら、何が起こるのか?
  • そして、自分はどうなるのか?
  • そうなったら本当に終わりなのか?
  • どうやったらできるのか?
  • どういうやり方ならできると思えるか?

を考えてみるんです。

 

 

誰だって変わるのは怖い。

誰だって〇〇をするのは怖い。

 

 

それでも、自分の人生を諦めるな。

 

 

あなたの人生は、あなたが切り拓いた先にしかないんです。

 

切り拓くのは勇気です。

 

 

おしまい

 

今回も最後まで読んでくれてどうもありがトゥッッッ!!!!!!!

 

 

「そうは言ってもやっぱりどう考えても〇〇できねぇ!!!!!!!!!!」

って時はこの記事の“許す”を〇〇に置き換えて読んでくれ!!!↓ 

suzuki-m.hatenablog.com

1番良くないのは自己否定だ!

 

 

今回の記事も自信作だから、FacebookTwitterはてブとかでシェアしてくれるととっても嬉しいよ!

いつもありがとう!

 

 

じゃまた!

*1:だから、「こういう自分に変化したい!」というのは無理というか、自己否定。やりたいことをやっているうちに、自分らしく変化していくだけ。